弱小ポケサー員の云々

ポケモン アニメ 学生生活

第8回関西シングルFESTA使用構築(ベスト16)

 先日行われた第8回シングルFESTAに関東民ではありますが、遠征という形で参加させていただきました。改めてお疲れさまでした。

 結果としては6勝1敗で予選1位抜け、本戦トーナメント2回戦で負けてしまいベスト16でした。構築はオフ2日前のPCLの対戦に向けて急いで仕上げたものではありますが、ガルクレセを強く意識して組んでいて、ガルーラ+ボルチェンボルト+ギルガルドの並びは最終シーズンの途中にも使っていたものでこの3匹自体はそこそこ軸として使えるものであったと思います。そして使用した6匹はこちら

f:id:majopoke:20160921215755p:plain

                                       

 

個体解説

 

f:id:majopoke:20151206174002g:plain

ボルトロス

持ち物:オボンのみ

特性いたずらごころ

性格:ずぶとい

実数値(努力値):184(236)-**-132(236)-146(4)-100-135(32)

技構成ボルトチェンジ・めざめるパワー(氷)・でんじは・ちょうはつ

ダメージ計算

 

 ダメージ計算が必要ないくらいよく使用されている図太い化身ボルト。

 ORAS環境終盤に数を増やしたガルクレセ@1のPTに対する軸としてこのポケモンを含めた動きに注目していた。役割としてはPTのクッションとして「ボルトチェンジ」からガルーラで有利対面を作ったりこのPTの最速れいビガルーラが苦手とするカバルドン以外の耐久ポケモンに崩しを担うポケモンを投げていく。

 この形がこのPTの理想展開なため、見せ合いではこの動きができるか確認しガルーラ+ボルト@1の選出を組み立てた。

 技構成は左から「でんじは」まで確定。「ちょうはつ」はバトン展開阻止やささやかな害悪系統への回答。「わるだくみ」+「10まんボルト」のような構成でないため種族ミラーに弱く、PT単位で相手のボルトロスが重くなってしまった。 

 

 

f:id:majopoke:20160114011955g:plain

ガブリアス

持ち物:こだわりスカーフ

特性:さめはだ

性格:ようき

実数値(努力値):183-182(252)-116(4)-**-105-169(252)

技構成:じしん・げきりん・がんせきふうじ・ステルスロック

 

 構築単位で重い早い高火力のボルトロスウルガモスを止める駒として採用。主に相手が展開構築や上記の2匹で切り返してくるようなPTに投げていくことが多い。

 技構成は相手のウルガモスがPT的に重いため「ステルスロック」一致技として「じしん」「げきりん」まで確定。最後の1つに岩技を採用する上で安直に「がんせきふうじ」を採用していたが、最終盤に増えたA182ガブリアスの「がんせきふうじ」を耐えるウルガモス意識で「いわなだれ」の採用を真面目に考えるべきであった。

 

 

 

f:id:majopoke:20151206173847g:plain 

ガルーラ

持ち物:ガルーラナイト

特性:きもったま→おやこあい

性格:むじゃき

実数値(努力値)

メガ進化前:181(4)-135(156)-101(4)-72(92)-90-156(252)

メガ進化後:181-165-121-92-108-167

技構成:すてみタックルれいとうビーム・じしん・ねこだまし

ダメージ計算

 

 初手のガブリアスに勝てる「れいとうビーム」を採用したガルーラ。相手のカバルドン+「グロウパンチ」を採用しているガルーラの並びにもこちらのガルーラ+「リフレクター」を採用しているゴツメスイクンをクッションとして置き止めていく。

また、ボルトロス+崩し役で障害を取り除いた後に基本的にこのポケモンで〆ていく。

 技構成は対面性能とストッパー性能の確保のため「ねこだまし」「すてみタックル」、上記のガブリアスカバルドンへの非接触の打点として「れいとうビーム」この3つまで確定。最後の枠はヒードランや相手のギルガルドへの明確な打点として「じしん」を採用。

 技範囲と役割が非常に広いため、上記の選出で裏で崩しを行いこのポケモンを温存する動きが非常に重要だった。

 

f:id:majopoke:20151012020224g:plain

ギルガルド

持ち物:たべのこし

特性:バトルスイッチ

性格:いじっぱり

実数値(努力値)

シールドフォルム:161(204)-88(76)-171(4)-**-171(4)-108(252)

ブレードフォルム:161-198-71-**-71-108

技構成せいなるつるぎ・かげうち・つるぎのまい・みがわり

 

 残飯剣舞ガルド単体考察 - てきとー構築 こちらから拝借。ダメージ計算などはリンク先を参照。

 ガルクレセ@1のクレセ@1に基本的に強いかつ、明確な有効打をガルーラに持っているため採用に至った。スイクンの「リフレクター」とウルガモスの「おにび」をはじめとしたやけど状態を利用し崩しを行ったり、上記のボルトロスの「ボルトチェンジ」からクレセリアなどと対面を作り崩していく。

 相手のガルクレセに構成上は有利ではあるが択が発生してしまうことが多く、削れていないガルーラには不安定になってしまう。そのためこのギルガルドで崩しを行うまでにガルーラの「ねこだまし」+ボルトロスの「ボルトチェンジ」を入れておくことを目標に立ち回っていた。

 レートもFESTAともにガルクレセが多かったため、ガルーラ+ボルトロス+ギルガルドの3匹が一番多い選出だった。

 

 

f:id:majopoke:20160828063236g:plain

ウルガモス

持ち物:アッキのみ

特性ほのおのからだ

性格:おくびょう

実数値(努力値):191(244)-**112(212)-156(4)-126(4)-138(44)

技構成むしのさざめき・おにび・ちょうのまい・はねやすめ

 

 おもしろきこともなきよをおもしろく こちらから拝借。このポケモンもガルクレセ@1のガブリアスマリルリを意識した枠。クレセリアと対面したら「おにび」が安定択となるのが非常に強力だった。またPT単位で重いクチート軸にはこのポケモンを選出できればeasy winできることが多かった。

 またこの構成のウルガモスを採用する上で炎技を採用できなかったため、ギルガルド、相手のウルガモスボルトロスに打点が持てるポケモンが減ってしまい、選出を組み立てるとき窮屈に感じた。

 

 

 

f:id:majopoke:20151206173740g:plain

 スイクン

持ち物ゴツゴツメット

特性:プレッシャー

性格:ずぶとい

実数値(努力値):207(252)-**-183(252)-111(4)-135-105

技構成:ねっとう・めいそう・ねむる・リフレクター

 

 「ゴツゴツメット」と「リフレクター」を採用することでクッションとガルーラの部分で述べたように、「グロウパンチ」を採用しているガルーラへの削りと後ろのガルーラの返しの補助を一匹で行える。

 そして今回は「めいそう」を採用することでガルーラ+クレセリア+ファイアローのようなウルガモスギルガルドで少々崩しにくい並びを一匹で崩していけ、マリルリクチートなどとも十分打ち合うことが可能だった。役割をかなり広げたため技構成もこの4つで確定。

 

 

                                       

 

 以上のようにガルーラ+クレセリアの並びを強く意識して組みはじめたわけですが、軸としてあった“ボルトロスの「ボルトチェンジ」から展開していく”というものが単純にどのタイプの構築にも有効であったのと、「クッション」「崩し」「抜き」などと明確に役割を設定して選出を組む構築なので立ち回りがすごく安定しプレミなどを減らすことができたことがそこそこ勝てた要因なのかなと考えています。

 しかし突貫構築なのもあってもう少し時間を使って技構成を考えることはでき完成度を少しでも上げられたと今さらながら後悔しています。

 

 

関西では対戦オフが新作までなく、最後のオフになる~~と言ってたと記憶しているのですが僕の住んでいる関東でもこれからオフラッシュが始まり、6世代もますます終わりに近づいています。僕自身ポケモンを始めた思い入れのある世代なので存分に楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

PCL関東予選Bブロック使用構築まとめ

先日関東予選が終わったので個人の結果更新。

 

第2節

vs電理ぽけさん

f:id:majopoke:20151206174002g:plainf:id:majopoke:20160114011955g:plain

f:id:majopoke:20151206173847g:plainf:id:majopoke:20151206173815g:plain

f:id:majopoke:20160114132351g:plainf:id:majopoke:20151206173740g:plain

残飯毒ボルト+猫ガル+ゴツメスイクン

の厨パ

 

第1回つるぎのまい部内戦でも使用したパーティ。ガルクレセ+特殊高火力への回答が十分に持ててない中そのような構成のパーティを引いてしまった。構築段階で穴があったのにそこを修正できなかったのは大きな反省点。相手のプレミに助けられたが無限に麻痺って負け。運負けではなく妥当。

 

第3節

vsわせぽけさん

f:id:majopoke:20151206173847g:plainf:id:majopoke:20160114011955g:plain

f:id:majopoke:20160328191554g:plainf:id:majopoke:20160114012252g:plain

f:id:majopoke:20151206173710g:plainf:id:majopoke:20151206173815g:plain

岩石封じ両刀ガルからポイヒガッサを展開してくやつ。

 

岩石封じが思わぬ刺さり方をして勝てた。見た目の6匹では不利に感じていた分煮え切らない勝ち。

ギミック入りのPtを使ってこの対戦ではたまたま刺さらなかったが、見た目でギミックでいけると確信できたらプレイイングも安定するのだろうと感じた。1発勝負の対戦でギミックPtがよく使われる理由がよく分かった気がする。

 

個人成績2戦出て1-1、チームは全勝で予選抜け。全体の負けの1/3が自分と考えると重い。全国ブロックではチームの勝ちに少しでも貢献できるよう対戦だけでなくサポート含め頑張っていきたい。

 

 

シーズン15使用構築及びシングル厨の集いオフ

 今回の記事は先日(5月1日)に行われたシングル厨の集いオフとレートS15で使用した構築の記事になります。シングル厨では2次予選2-3。最高レートは2067最終は1800台までおちてしまいました。。どちらも納得いく結果ではありませんでしたが、組むにあたり知り合いに相談にのってもらったのもありブログに形として残したかった次第です。

そして使用することになった6匹は

f:id:majopoke:20160507084606p:plainf:id:majopoke:20160507085236p:plain

f:id:majopoke:20160517045135p:plain

構築の参考にさせていただいたブログ記事【シーズン14使用構築 - 2秒で釣り交換】。※無断リンクなので問題があれば修正します。

1枚目はシングル厨、2.3枚目がその後友人にアドバイスをもらって修正しレートで使用したものです。

コンセプトとしてはカバ+メガで相手のガルなど強力なポケモンや抜きエースの障害になるポケモンを排除し場を整えた後にボルト、パル、アロー、ガッサで積んで上から制圧していくというシンプルなものです。軸(参考元の前4匹)はしっかりしていた分、残り2匹を上手く詰められず構築も結果も中途半端になってしまったのが残念でした。

以下個別解説に入ります。

 

f:id:majopoke:20151206173847g:plain

ガルーラ@メガストーン

特性:きもったま→おやこあい

性格:いじっぱり

実数値(努力値)

メガ前197(132)-159(236)-110(76)-**-101(4)-118(60)

メガ後197-192-130-**-121-128

技構成:ひみつのちから・かみくだく・ふいうち・からげんき(グロウパンチ)→ドレインパンチ

主なダメ計

HB:A147ゲッコウガの変幻珠「けたぐり」を15/16で耐える

A:「ひみつのちから」+「ふいうち」でB4振りガブリアスを88%で落とせる

HD:C222メガゲンガーの「きあいだま」確定耐え

S:準速70属を抜いてるポケモンを抜いてそうなライン

 

カバルドンガルーラ、ゲンガーを採用しているとゲッコウガを非常に誘うためAラインを確保した後このHB配分をまず優先した。またゲンガーとも安定して1:1以上を狙えるようH197D121をとった。技構成前3つは配分から確定。最後の一枠は最初、崩し性能を持たせるため「グロウパンチ」を採用していたが、機能停止が怖かったので火傷などに耐性をもてる「からげんき」にした。そして修正後はガルーラ同士の打ち合いや構築単位で重いナットなどに通る「ドレインパンチ」を採用した。

Sを確保することでキノガッサに上から行動できるメリットが非常に大きいため、S振りドレパンという構成になった。

崩し要素はないが非常に多くのポケモンと打ち合うことができ選出率、先発率が非常に高かった。

 

f:id:majopoke:20160417085157g:plain

カバルドンゴツゴツメット

特性:すなおこし

性格:わんぱく

実数値(努力値):215(252)-133(4)-162(76)-**-110(140)-72(36)

技構成:じしん・あくび・ステルスロック・ふきとばし

主なダメ計

HD

 S:4振りメガクチート抜き

 

相手のガルーラの削りをはじめステロを撒いたりあくびループにはめて起点作成する構築の軸の一匹。特殊ポケモンと対面を作られてしまってもある程度の仕事ができるようにD振り。ウェポンはクチートへの打点となる「じしん」を採用。ラムを持ってカバの前で積んでくるポケモンがそこそこいるのに対し「ふきとばし」が重宝した。個人的に現環境でカバを使う上で一番効率的だと思っている型。

 

 

f:id:majopoke:20151206174002g:plain

ボルトロス@カムラのみ

特性:いたずらごころ

性格:ひかえめ

 実数値(努力値):156(12)-**-97(56)-194(252)-100-155(188)

技構成:10まんボルト・めざめるパワー氷・わるだくみ・みがわり

主なダメ計

C

HB:A182ガブリアスの「げきりん」を確定耐え

S:カムラのみ発動で準速スカーフガブリアス抜き

 

エース枠その 1。「わるだくみ」を積んだ後の制圧力は圧巻だった。また、カバの「あくび」と「みがわり」の相性も良く「10まんボルト」「めざめるパワー氷」の範囲が優秀で展開もしやすかった。

 

f:id:majopoke:20151206173815g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

特性:ふゆう→かげふみ

性格:おくびょう

実数値(努力値):159(188)-**-100-190-124(68)-200(252)

技構成:シャドーボール・みがわり・ほろびのうた・みちづれ

 主なダメ計

HD

エースの障害や相手のメガガルーラを「みちづれ」+「ほろびのうた」で処理して後続を動かしやすくするためこの型で採用。配分はミラーに強くしたかったため最速にし残りをHDに振った。「ほろびのうた」+ボルトロスの「みがわり」で処理する動きも強かった。

 

f:id:majopoke:20160507083326g:plain

パルシェン@ラムのみ

特性:スキルリンク

性格:いじっぱり

実数値(努力値):141(124)-161(252)-201(4)-**-66(4)-106(124)

技構成:つららばり・ロックブラスト・こおりのつぶて・からをやぶる

 

エースその2。主にカバルドンがいる構築にラムを盾に展開し抜いていく。ボルトの苦手なマンムーなどがいるときは基本的にこのポケモンをエースにすることが多かった。破った後の後続ボルトの「でんじは」のまひ、スイクンの「ねっとう」のやけどで止まらない点でラムパルシェンの評価は高かった。

 

f:id:majopoke:20160114012252g:plain

ファイアロー@するどいくちばし

特性:はやてのつばさ

性格:ようき

実数値(努力値):175(172)-129(220)-92(4)-**-103(103)-161(4)

技構成:ブレイブバードつるぎのまい・はねやすめ・おにび

主なダメ計

HD

A:+2「ブレイブバード」で183-116ガブを最低乱数以外で1発
 

バシャーモキノガッサなどに厚くするために採用。また重めのクレセドランやニンフを起点にできるようにDに厚くして剣舞型にした。Sラインは主に同族意識

 

f:id:majopoke:20151206173710g:plain

キノガッサ@きあいのたすき

特性:テクニシャン

性格:いじっぱり

実数値(努力値):135-200(252)-101(4)-**-80-122(252)

技構成:マッハパンチ・タネマシンガン・キノコのほうし・つるぎのまい

 

構築単位で重いマンムーにそこそこ強い点、ストッパー、そして自ら積みアタッカーになれる点が優秀な襷剣舞ガッサ。クレセドランをアローが抜けた分このポケモンで崩す形になった。ステロ込の剣舞マッパでメガバシャを落とせる点がアローを選出できない際勝ち筋に組みこみやすく強力だった。

 

 

 

基本選出はメガ+カバ+積みエースかメガ+エース2枚で積みサイクルを形成するという2パターン。大体の対戦を選出を機械的に行えるため非常に使いやすい構築であった。

1シーズンかけてこの系統の構築を使ったが、戦略的に勝ち筋を押し付けていくポケモンの強さを再認識できた。

 しかし体感だが、ねこれいビガルーラが終盤増えたように感じ氷の運負けふくめて非常に不安定になってしまったと思う。

いい加減環境を読んでしっかり構築を作れるようになりたい。

 

 

f:id:majopoke:20160517022712p:plain

 遺影を用意しました...(パルがいない)

 

というわけでシーズン15お疲れさまでした。最終日自分がボロボロになってやめた後にまだ戦ってる人がいてツイッターからその勇姿を見るのが非常に辛かったです;;

 

来シーズンは自分もそちら側の人間になれるようがんばります。

 

 

 

 

お酒はこわい

新宿でお友達のかめちゃん達と焼肉で飲みまくってそこそこできあがる


22:00に新宿解散 埼京線で埼玉方向へ帰る。めちゃ眠かったことは覚えてる


22:15 池袋でたかきおすさんと別れて1人になる


0:05 なぜか京浜東北線に乗って有楽町 からの謎品川下車


0:50 品川駅からフラフラ歩き続けて田町駅付近のカラオケに避難(ちなみにこの時は位置とかまったく分かってない)


ここから一睡もせず歌い続ける


5:00 フリータイム終了と同時に1限へ向かう


前日某氏のアル中をバカにしたけどもうできなくなりました(。>﹏<。)?


お酒は適度に...


S14使用構築 最高2081最終2001

タイトルの通り遅くなりましたがS14に使用した構築の記事になります。先日の真皇杯でも他の使用者がいい結果を残したためその2名とタイミングを合わせての投稿となりました。

今回使用した並びが

f:id:majopoke:20151206173847g:plainf:id:majopoke:20160114011955g:plain

f:id:majopoke:20160328191554g:plainf:id:majopoke:20160328191431g:plain

f:id:majopoke:20151206173710g:plainf:id:majopoke:20151206173815g:plain

 

この6匹になります。

自分がこの構築を使用した経緯として、同じサークルのしーま(cimapoke1020)がこの並びについて考察していたところに自分とかっちん(ktm528)が加わり、主に加わった2人がレートでこの構築を回していました。また補足として先日の真皇杯ラストチャレンジでも使用し、しーまとかっちんが好成績を残した。

なので構築を作った経緯などはしーまのブログ

真皇杯ラストチャレンジ使用構築と結果報告 - EYESCREAM

を参考にしてください。この記事では個別解説、使用感を書いていきます。

 

 

ガルーラガルーラナイト きもったま→おやこあい

メガ前 181(4)-145(236)-101(4)-**-102(12)-156(252)

メガ後 181-175-121-**-122-167

ねこだましすてみタックル・れいとうパンチ・じしん

クレセドランを採用する上で障害となってくる意地っ張り鉢巻ガブを上から倒せる最速れんチ猫捨て身ガルーラ地震クチートなど鋼タイプ全般への打点。クレセの電磁波と合わせて広く処理範囲を持つことができる。最近はABガルが多くなったためそこに負けてしまうため、個人的には鉢巻ガブの被害を抑えるという意味ならこちらもABガルーラの採用もありだったかもしれない。

 

ガブリアス@こだわりスカーフ さめはだ

183-182(252)-116(4)-**-105-169(252)

じしん・げきりん・いわなだれ・からげんき(自由枠)

リザをはじめ多くの舞アタッカーのストッパーたり得るスカーフガブリアス。最速のリザ、ウルガ、意地スカガブに負けたくなかったので陽気での採用。構築単位で重いゲンガーに上から打点を持てる点も非常に評価が高い。

 

 

クレセリアゴツゴツメット ふゆう

227(252)-**189(252)-95-150-106(4)

れいとうビーム・でんじは・どくどく・つきのひかり

構築単位で重いバシャーモを後出しから止める唯一の駒。

サイクルに負荷をかけられる毒、ガルガッサドランの範囲を広げることのできる電磁波、ゲンガーとのシナジーもあり毒電磁両採用。構築単位で重いマンダ意識とガブへの処理速度を上げるためウェポンはれいビを採用した。選出段階で選出を切られることが多くもう少し信用して投げてあげられればよかった。

 

ヒードラン@たべのこし もらいび

193(212)-**-128(12)-155(36)-143-(28)-125(220)

マグマストーム・おにび・まもる・ちょうはつ

後出しのスイクンを許さないため、この技構成とS調整になった。今期はゲンガーでこちらの初手ガルーラと1:1交換を狙いに来ることが多かったのでその立ち回り読みで初手に投げることが多かった。その初手投げで発生するガルドラン対面では守るでガルの技を見てグロパンや秘密を確認したら鬼火でつっぱることができたので交換読み込でとても重宝した。立ち回りをしっかり考えて、技を選択するのがとても重要で難しかった。

 

キノガッサ@オボンのみ テクニシャン

156(164)-187(156)-102(12)-**-84(28)-109(148)

マッハパンチ・タネマシンガン・キノコのほうし・つるぎのまい

所謂テンガッサと呼ばれている個体。ガルガブが呼ぶカバやクレセといった物理受けを崩す枠。見せ合い画面ではまずこのポケモンで抜いていけるかを考えてから選出を組み立てていた。襷による行動保障がないため選出をためらってしまうがキツイポケモンをゲンガーで1:1をとるなどして展開などできるため今回の構築ではしっかり選出することができ活躍してくれた。

 

ゲンガー@ゲンガナイト ふゆう→かげふみ

メガ前 165(236)-**-81(4)-151(4)-97(12)-178(252)

メガ後 165-**-101-191-117-200

たたりめ・さいみんじゅつ・ほろびのうた・みちづれ

1:1交換からガッサガブを通したり、クレセドランで詰ませていく立ち回りが強く、またピクシーやオニゴーリなどの処理を任せることのできる滅び道連れゲンガー。ドランガル対面で身代わりを貼られても、後出しからよっぽどのことがない限り1:1か流すことができる。催眠は不利なサイクル等をカットする動きを可能にするため。

ゲンガーの調整と技構成はレートでころころ変えていて、迷った末自分含め3人ともこの構成に落ち着いた。

 

 

重たいポケモンとしてはボーマンダゲッコウガファイアロー、相手のクレセと組んでいるヒードラン(特に大地持ち)などいくらでもいる。構築段階で3人で選出を決めてはいたが選出勝負になる対戦ももちろんあり、ある程度選出を絞る(切る)ことも必要な構築だったと思う。

 

 

最後に今までレートは回線の問題もあり成績にこだわることなくやっていたが、今シーズンはこの構築を使う上で対戦数など費やした時間は一番だったと思う。結局勝てなくて伸び悩み、オフでも自分だけ結果を残すことができず悔しい思いをする結果になったが、今まで毎シーズン2000いけばいいや程度でやっていたレートも多少更新することができた。やっぱり勝てるポケモンも人とそれを共有するのも楽しいと改めて認識できたので構築を一緒に回した二人に感謝し、今シーズン(15)はもっと頑張りたいと思った。

 

 

 

 

s14 報告

最高2081最終2001

ポケモン初めて1年半が経つが今まで回線の影響でガッツリやることがなかったのもあり今シーズンは1番対戦数こなし頑張ったシーズンであったと思う。

終わってみると数字は不甲斐ないものになってしまったが仲間内で集まってPtについて意見を言ったり画面共有で回したりといい機会になったしやっていてすごく楽しかった。

学年が上がると力を入れられるシーズンも限られてきてしまうだろうし少ないチャンスでもオフ、レート問わず結果を残せる人になりたいと思った。

欲しい色ポケモンリスト メモ

メモ

だんだん色個体も集まってきたのでラストスパートかけたいです

・ムンボ♀臆病サナ

・ムンボ♀控えめめざ地、炎サナ

★ドリボ♂意地テクニガッサ

・モンボ♀うっかりやめざ氷バシャ

★ネットorダイボ♀意地パルシェン

・ゴジャボ♀臆病めざ地リザ

・ドリボ♀意地カイリュー

・控えめめざ岩、地、氷ガモス

・ダクボorダイボ♂臆病ゲッコウガ

★ドリボ控えめ、図太いニョロトノ

★ドリボ♂陽気、意地ガブリアス

 

減ったり増えたりするかもしれないです()

★はそのボールの個体をもってないのでリスト見て余ってる方いたら声かけてくれると嬉しいです(*'▽')