読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱小ポケサー員の云々

ポケモン アニメ 学生生活

さいはてオフ使用構築〜メガゲン軸対面構築〜

こんにちは今回は第一回さいはてオフにいってきました。会場が地元だったこともあり気軽に参加してきました。結果は6-4で少し運も悪かったのもありましたが予選落ちしてしまいました。そして今回使用した構築はこちらです。

f:id:majopoke:20150506135254p:plain

見ればわかる通り対面に特化したパーティです。特にメガゲンガーのたたりめで抜く勝ち筋から考え始めました。

以下個別解説です。

 

f:id:majopoke:20150401003602p:plainメガガルーラ@メガストーン 203(180)-156(212)-100-**-100-125(116)

捨て身・グロパン・炎パン・不意打ち

対面から多くのポケモンに打ち勝てるポケモン。パーティ単位で重かったナットハッサムに打てる炎パン採用。冷パン採用の個体も多いが打つ相手にだいたい上をとられているので他に任せてこいつには上の2匹を誘ったうえでしっかり落としてもらいました。

また、もう一つの役割として後でも解説しますがボルトとセットで選出してこいつを受けにきたクレセリアなどを起点に悪巧みを積んでいくという流れを作ることでした。この動きに関しては予選中に上手くいったことが多かったのでまた使いたいなと思いました。

 

f:id:majopoke:20150401005008p:plainガブリアス@カムラのみ 188(36)-188(164)-116(4)-**-127(172)-139(132)

地震・逆鱗・剣舞・身代わり

某氏が生放送で使っているのを見て、ボルトの多いオフで刺さると思い採用。

珠ボルトのめざ氷耐えでカムラ発動で最速メガライボルト抜き抜きまでSが上がりメガ進化します。ボルトなどには対面から速攻剣舞していきます。ここまで上手くいくと1.5体はもっていってくれるでしょう。

実際はライコウメガライボルト、身代わり持ちなのでバシャなどにも刺さる機会があって使いやすかったです。

またボルトの電磁波撒きと合わせてバグ期待身代わりもできるのでこれも単純に強かったです。

岩技を切ったことによって浮いてるポケに逆鱗を打たないといけなくなったけどその裏のポケモンにもそこそこなダメージが入ることも考えると大きなディスアドには感じなかったです。

 

f:id:majopoke:20150401015803p:plainボルトロス@オボンのみ 185(244)-**-99(72)-159-121(164)-135(28)

10万・めざ氷・悪巧み・電磁波

HBDに多く割くことによって対面から多くのポケモンを起点にすることができ、控えめなため1積みで多くのポケモンを落とすことができます。

例えばオボン込みでボルトの珠10万を2発耐えるので1巧みして返しの10万で落とせます。また、1巧み10万でクレセが2発で落ちます。

クレセリアハッサムなどガルーラが呼ぶポケモンを起点にできるためパーティとシナジーもありました。

また積んで大暴れした後に電磁波を撒いて裏のガブ、ゲンガーの起点を作ることもできるので腐ることなく最後までしっかり仕事をしてくれました。もちろん選出率は1位でした。

 

f:id:majopoke:20150401010654p:plainメガゲンガー@メガストーン 161(204)-**-80-157(52)-95-178(252)

祟り目・鬼火・身代わり・滅びの歌

HSベースの祟り目滅ゲン。ジャロボルトと出してバグ期待の身代わりを貼りながら祟り目で抜いていく。オフで多いであろうピクシー、オニゴーリを運関係なく落とせ、ラストに打てる滅びの歌は実際に使う機会も多くあり、また鬼火も+ゴツメスイクンスイクンの補助もできました。祟り目1Wはどうかとは思ったのですがそこまで不便に感じませんでした。他に特に書くこともない最強ポケモンかと。

 

f:id:majopoke:20150308015704p:plainスイクン@ゴツメ 207(252)-**-154(36)-130(156)-136(4)-113(60)

熱湯・こご風・リフ・ミラコ

 

このパーティ唯一の受けポケである使い捨てのゴツメスイクン。対面物理はだいぶ有利に立ち回れるので先発などでしっかり合わせていきました。

 上のゲンガーの鬼火の補助と合わせて耐久の底上げができ使いやすかったです。

 

f:id:majopoke:20150506175351p:plainジャローダ@襷 151(4)-**-115-127(252)-115-181(252)

リフスト・めざ岩・蛇睨み・ミラコ

普通の襷ジャロでゲンガーガブの起点を作る役。ファイアローがパーティ単位で辛かったのでめざ岩を採用したがまったく打たなかったのでボルトとスイクンにまかせて、炎でもよかったかもしれないです。逆にミラコは予選で2回打ったのでだいぶ救われました。

大体の対戦で初手に出して有利対面なら積んでいって不利対面で受け先がなければ睨んで削って退場します。

 

 

~総括~

 個体調達の関係でぶっつけ本番で使用した構築でしたが普通に負けた2試合以外は

①ガル受けをボルトで起点にして崩す

②カムラガブのメガ進化で崩す

③ジャロボルトの電磁波展開からのメガゲンガー

この当初から考えていた3ルートをしっかり通して勝つことができましたし、オフでは相手が安定行動をしっかりとってくれるのでこちらも安心して一手一手詰めていくことができました。

また今回回してみてメガヘラが若干きついなと思いました。ゲンガーの鬼火や削りをいれてからガルーラなどと少し無理があったかもしれません。そこをもう一回煮詰めていってもいいかもしれません。

 

 

最後に今回主催の鼻眼鏡さんをはじめ、運営の方、そして実際に会場で話対戦していただいた方々ありがとうございました。すごく楽しいオフでした。

また別のオフなどにも行くのでまた会いましたら声かけてもらえると嬉しいです。

 

順番前後しちゃいましたが次はK-offで使った構築の記事を書きたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。